お顔占い、観相=人相、顔相、手相の特長

私が鑑定に使っている占い方法、お顔占いは正式には、観相といいます。
この観相を、一言で言えば“人相と手相”を合わせた占いです。
その観相について詳しくご紹介していきましょう

■ 観相(人相)の歴史

歴史に残るものでは中国の戦国時代の楚の思想家:鬼谷子(キコシ)から始まったと言われています。
日本では、江戸時代に水野南北の登場で広く知られることになります。
南北は、顔形や体型だけでなく、食べ物で運が決まることまで研究した、日本の観相の祖といえるでしょう。
その後、江戸時代後期から昭和初期にかけて、私の占い流派の創始者である目黒玄竜子(親子二代)の登場で現代の観相が体系化され、この目黒玄竜子の「玄竜子相法」がこんにちの観相の基礎になっています。

■ 観相とは、
骨格、体質、顔形、皮膚、肉付き、毛髪声、眼付、挙動(立ち居振る舞い)、血色、ファッションなど、
顔や手だけではなく、その人に関わるすべてことを元に占う方法です。

昔ながらの人相は、骨格、体質、顔形の相のみをみていますが、学力や生活環境の変化した現代では、これだけをみては その人を占うことはできません、当りません。
なぜか?人相は心の持ち方や生活環境で相が変ることを見逃しているからです。
人相の骨格、頭形は変らないが、勉強・修養し改心し慎むことで、心が変化し、
眼つき、挙動、血色などは変わっていきます。
これらを含めて鑑定しないといけません。
単に顔形だけで、占っても当りません。
そして、現代では、むしろ顔形よりも 眼付、挙動、血色、ファッションをみることがより重要で、その人のことをよく表わしています。

★「気血色相法」

とくにお顔に表れる、血色(気色)=肌色を細部わたって調べることが、その人の運を知る最も有効な占う方法で、これを観相では 気血色相法といいます。
観相の奥義・奥伝といわれるもので、独学でこの気血色相法を学ぶとしたら10年勉強しても身につくとは限らないものです。
そして、この気血色相法を私がもっとも得意とするものです。

 人は、体調が変わればお顔の色が変わることは、みなさんもご存知だと思いますが、実は運が変わってもお顔の色が変わるのです。
このお顔の肌色の変化を見ることで、その人のいろんな事柄が分かります
その人の今の状態、これから先に起こること、
お仕事、お金、恋愛・結婚、ある人との相性、家庭、親・子、住まい、旅行、引越し、世間での評判、先祖のこと、など、
手相より、はるかに情報量が多く、リアルタイムでその人のことが分かります。
日常生活を占う上で、私の知る限りではもっとも当る確立が高く、有効な占い方法だと思っています。

顔面部位
★顔面部位の詳細
 お顔、額の部位についてご紹介します。

■ 天中・・スッピリッチャルな部位、神(天)の座、その人の信仰心や精神
■ 天庭・司空・・政府・裁判所・官公庁、公のこと
■ 中正・命宮・印堂・・自分の望みごと・咽頭の病気
■ 養子・養女・・養子・養女
■ 警察・・警察に関係すること
■ 交友・・友人との人間関係や、吉凶 
■ 福堂・・金運、福分・数学のでき・不出来
■ 駅馬・道中・・引越し・旅行(左は西南・陽地、右は東北・陰地)、旅の途中のこと
■ 玄武・・陰の女(男)・隠し女(男)髪の毛の中は隠れた所、行方の知れぬ所
■ 山林・辺城・・山林・田畑のこと、農家・百姓は作物の豊凶、商人は事業の吉凶
■ 兄弟・・男は左に兄のこと・右に姉のこと、女は逆
■ 凌雲・危禍・・思いもよらぬ災害の前兆
■ 依頼宮・・頼みごと、(恋愛問題)
■ 戦堂・・物事(頼みごと)の破れ・争い事、(恋愛問題)
■ 辺地・・田舎の吉凶(男は左が西南・右は東北、女は逆)、旅先、(恋愛問題)
■ 日角・・父の吉凶・父との縁
■ 月角・・母の吉凶・母との縁
■ 主骨・・主人(夫、経営者、目上の人)の吉凶や人間関係
■ 海外・・海外との取引・相談事
■ 天陽・・遠国他国の吉凶、海外と同じ意味
■ 高広・・思わざる不意の出来事、海外・天陽と同じ意味
■ 上墓・・神仏・祖先等のこと
左上墓―男祖先・亡父、小児の霊、神、保護神
右上墓―亡母・祖母・女の目上、仏のたたり
■ 眉・・親族・兄弟
■ 勇気・・勇気、熱心さの現れる所

いかがでしょうか、お顔の額の部位だけでも実に多くの意味があります。

◎ここで、顔占い、観相(人相)の鑑定例をご紹介します

例えば、転職で悩んでいる人の場合は、左の額(山林・辺城あたり)の色と右の額(山林・辺城あたり)の色を見合わせて判断します。
左の額の色がくすんでいたり、ニキビや肌荒れ、吹きでものがある場合は、今のお仕事の変わり目であったり、お仕事の内容がキツイ、良くない、上司とそりが合わない、困難な仕事を引き受けている、厄介な顧客がいるなど、いろんなことが考えられます。
右側の額の肌色が美色(明るく・潤い・つやあり)の場合ならこれから、よくなるとか、転職を検討してもよいなどと判断できます。
状況によって、この他にアゴや他のお顔の部位なども みる必要があります。
 
結婚・恋愛なら、左右の米神(目の周囲=妻妾、奸門)を、家・引越しなら、アゴ(地閣・地庫)、世間の評価は、頬(正面・観骨)と言った具合に、その人が占いたいことに応じて、お顔のみるべき場所・部位がことなっていきます。

◎ ここで紹介する 肌の色以外に、目付き、声、歯、体型、ファッション、挙動(立ち居振る舞い)なども重要であわせて鑑定していきます。
特に最近の私の研究では、女性の結婚・恋愛運は、その女性の体型と深く関わりがあるとことが分かっています。
歯も重要で、歯の手入れはぜひとも日々かかさず行っていただきたいです。
歯は健康面のみならず、お仕事・金・恋愛・結婚運に影響します。

実際の鑑定では、これらお顔占いの他に手相を観て鑑定をしています。

 

手相鑑定の特長はこちら

 

 ※ 鑑定場所が2011年11月27日より那覇市、国際通りから、
  現在の那覇市壷川の中央郵便局近くの マンションに移っています。
(地図はここをクリック)

◆現在の鑑定場所は
那覇市壷川2−3−12、202号 フレスコア壷川駅前
電話:070-5418-9928  Eメール:uranai@shiromoto.net
営業時間:10時〜24時 年中無休